【サブノーティカ】オーロラ号の探索。入り方、進め方、バグ体験記(PS4)

2020/09/27

ゲーム サブノーティカ

t f B! P L

オープンワールドサバイバルゲーム『Subnautica サブノーティカ』の攻略です。

本記事はオーロラ号の探索を扱います。

操作などはPS4版のサバイバルモードを基準にしました。

私自身「どう進めればいいか分からない」「怖くてクリアできる気がしない」と嘆きながらプレイしていたので、同じように(精神的に)苦戦している人の参考になればと思います。

オーロラ号に行く前の準備

私がオーロラ号に突入した時の持ち物はこちらです。

  • 水、塩漬けピーパー、応急処置キット、消化器を各3個
  • プロパルションキャノン
  • フラッシュライト
  • スキャナー
  • リペアツール
  • レーザーカッター

装備はもちろん放射線防護スーツ。

水、食料、応急処置キット、消化器はオーロラ号でも入手できるので、それぞれ3個もいらないかもしれませんが、入口を探す時に迷った経験から「3個ずつあれば安心です」と言えます。

オーロラ号の入り方

オーロラ号の入口はスタート地点から見て左端の部分にあります。

端のほうに近づくにつれ、恐竜でもいるのかと思うような凶悪な鳴き声が聞こえてきます。目を凝らすとやばそうな影も見えきて恐怖。

行きすぎるとリーパーリヴァイアサンに遭遇します。オーロラ号を通りすぎず、先端部分の隙間から入れば気づかれないはずです。

ここから分かりにくいですが、隙間から入ったらとりあえず海面に浮上して、海面であたりを見回して上陸できる場所を探します。陸地があって物が散乱していてカニがウロウロしている場所です。

なお、私は初めてのオーロラ号突入時、シーモスで勢いよく陸地に乗り上げてシーモスが動かなくなり、どうがんばってもシーモスがビクとも動かず水に戻れなくなったので直前のセーブデータからやり直すはめになりました。

さて、上陸したら入口を探します。

簡単に言うとぐるっと大回りして坂を上って突き当たりに着いたら右の足場を進めばいいのですが、初見だと苦労するかもしれません。私はここで何十分か迷った。

突き当たりの目印は右側に倒れている投光照明です。

投光照明の先が突き当たり。そこから右側に目を向ければ空中にのびている足場が見つかると思います。

足場を道なりに進んで地面に下りればオーロラ号の入口が見えてきます。

道中の供給箱には水、応急処置キット、バッテリー、栄養ブロックが入っています。供給箱の配置と中身はランダム。

わらわらいるカニはプロパルションキャノンで吹っ飛ばすと爽快ですが、キリがないのでほどほどにしないとバッテリーが切れます。オーロラ号内部にはカニはいません。

オーロラ号内部の探索

オーロラ号に行く主目的は、

  • 放射性物質を止める
  • プローンスーツの設計図を手に入れる
  • 脱出ロケットの設計図を手に入れる

の3点です。

他にも、船内で拾えるデータにはオーロラ号の本当の目的が書かれているものがあるので、時間がある時にPDAに目を通すとストーリーの理解が深まります。

オーロラ号内部ではバグに遭遇して進行不可能になることがあったので(後述)、こまめにセーブすることをおすすめします。

指令室、貨物保管庫

オーロラ号に入ったらまず、指令室と第三貨物保管庫への分かれ道に突き当たります。

【最初の分岐点のそば】

  • プロパルションキャノンの残骸
  • データ:オーロラ号のエンジニアリングドローンの記録

分岐を右に進んで指令室へ。消化器で火を消して部屋に入る。

【指令室】

  • 机の上のデータ:自分用メモ(貨物保管庫の解錠コードあり)
  • データ端末:アルテラがオーロラ号を発信させる
  • 壁にプローンスーツポスター・陸(装飾用。あとで行く船室にも同じものあり)
  • 棚にバッテリー
  • ゴミ箱や椅子などスキャン可能

来た道を戻って第三貨物保管庫の方向へ。

道なりに進み、通路をふさいでいる荷物をプロパルションキャノンでどかす。

通路の突き当たりにドア。扉左のセキュリティロックの数字に照準を合わせて解錠コードを入力します。

貨物保管室の解錠コードは「1454」。指令室で拾ったデータ「自分用メモ」に記載されています。

【貨物保管庫】 

  • 床に落ちているデータ:トランス・ガブ略歴 アルテラコーポレーション

データそばの坂を下り、水に入って先へ進む。

水中の小魚がかみついてきたらナイフで撃退を。

シーモス格納庫、エンジンルーム

水に入るとすぐシーモス格納庫、エンジンルーム、左奥の通路への分かれ道があるので、まず右のシーモス格納庫へ。

格納庫のドア右の破損した回路をリペアツールで修理して中に入る。

【シーモス格納庫】

  • 床に落ちているデータ:VRソフトウェアスイート
  • 壁際の端末:シーモス深度モジュールMK1

シーモス深度モジュールMK1は、シーモスに装備すると水深300mまで潜れるようになるアップグレードアイテムです。

オーロラ号に行く直前にシーモス深度モジュールMK1を作った1周目の私、涙目。買ったゲームソフトが翌月のPS Plusのフリープレイに登場した時と同じ感覚を味わう(『デトロイトビカムヒューマン』で経験)。

分岐に戻って、次はエンジンルームへ。火を消して中に入ります。

【エンジンルーム】

  • 端末:サイクロプスエンジン効率化モジュール

端末のそばの亀裂をスキャンし、エンジンルーム内の亀裂11か所をリペアツールで修理します。

全て修理するとトロフィー獲得。オーロラ号周辺の放射性物質も一定時間後に消えます。

エンジン修理中、小魚が次から次へとかみついてきます。サブノーティカ最大のモテ期到来。1回のダメージは少ないですが、何度もかまれるので体力ゲージに注意を。

エンジン修理後は分岐まで戻り、まだ行っていない左奥のドアへ。この先にはロッカールームとプローンスーツ格納庫があります。

ロッカー室、プローンスーツ格納庫

レーザーカッターでドアを開け、まずはロッカールーム。

【ロッカー室】

  • 入って左のロッカーにデータ:オーロラ号の副任務指令
  • 入って右突き当たりの応急処置キットのあるロッカーにデータ:素敵な申し出
  • バッテリー2個、水

ロッカールームの先がプローンスーツ格納庫です。ドア左の破損した回路をリペアツールで修理して中へ。

格納庫ではプローンスーツの残骸を4つスキャンしてプローンスーツの設計図を完成させます。

天井や火の中にある人型の機械がプローンスーツです。

水の中は後で通るので、階段を上って居住区へ。水面を背にして左側の階段にある荷物はジャンプ(三角ボタン)で超えられます。

居住区~研究室

居住区には部屋がたくさんあります。

この後はプローンスーツ格納庫に戻るので、好きな順番で探索すればOK。

【食堂】

  • 机の上のデータ:本日のメニュー
  • バーテーブル、スナック自販機、カウンター、壁棚などスキャン可能
  • 壁にKeep Calmのポスター(装飾用)、消化器

【倉庫】

  • 栄養ブロックと水がいくつか

【第四船室】

  • 壁にプローンスーツポスター・海(装飾用)
  • 床に落ちているデータ:・関係契約の法的記録
  • シングルベッドなどスキャン可能

【第七船室】 (火を消して入る)

  • ロッカーのデータ:アルテラアームズのパンフレット
  • バッテリーと手荷物鞄が2個

【第六船室】

  • 壁にNatural Selection 2のポスター(装飾用)
  • 応急処置キット、水、バッテリー

【第三船室】

  • 壁にプローンスーツポスター・陸(装飾用)
  • シングルベッドなどスキャン可能
  • 手荷物鞄、水

【第一船室】  (解錠コード=1869)

  • ベッドのデータ:責任ある自律的関係
  • ダブルベッド、壁掛け棚などスキャン可能
  • アーケードゴージの人形(装飾用)、青い帽子(装飾用)

第一船室の解錠コードはロッカー室で拾ったデータ「素敵な申し出」に記載あり。

【船長室】 (解錠コード=2679)

  • ベッドのデータ:船長の記録
  • データ端末:アルテラ本部 - 最後に記録されたメモ、ネプチューン脱出ロケットの設計図、タイムカプセルの設計図
  • 壁にオーロラ号のポスター(装飾用)、オーロラ号の小型模型(装飾用)

船長室の解錠コードはオーロラ号内部のデータではなく、どこかのタイミングで受信する通信で明らかになります。ハムとチーズがうんぬんかんぬんと話している通信です。

脱出ロケットの設計図を手に入れたらプローンスーツ格納庫に戻り、水の中を通って先に進みます。

パイプの奥まで泳いだら左に進み、浮上してその先の部屋へ。

部屋の中で水に潜るとデータ端末があります。

  • 端末のデータ:オーロラ号のブラックボックスデータ

潜ったまま奥に進んでレーザーカッターでドアを開ける。

ドアの先にロックされた扉。扉の左方向に落ちているデータを拾います。

  • データ:研究室へのアクセス

ちなみにデータの右側は出口方面。

データ「研究室へのアクセス」に記載されている解錠コード「6483」を入力して研究室へ。

【研究室】 

  • 机の上のデータ:ストレイダーVIの集合精神から何を学ぶか?
  • データ端末:リパルションキャノンの設計図の修復
  • サンプル解析器、顕微鏡、大型フラスコ(3つとも装飾用)

研究室を出て出口の方向へ。道なりに進んでプロパルションキャノンで荷物をどかすと外に出られます。

これでオーロラ号の探索は終了です。

オーロラ号で起きたバグ

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ! おれは研究室から出口に向かう時、水から地面に上がろうとしたら天井の上におりていた。

…説明が難しいのですが、水の中を泳いで上の階へ行く時、水面が天井に近い場所でジャンプしたら天井の上に行ってしまったという感じです。

場所は出口に続く通路の手前にある水たまり。

水から出る時にジャンプしていたら本来プレイヤーが入れない空間に入ってしまって、まるでガラスの床の上から研究室やら何やら見下ろしているような状態になりました。

結局、元に戻れなかったのでデータをロードしてやり直すことに。

オーロラ号で遭遇したバグはもう1つあります。

プローンスーツ格納庫に入るためにリペアツールを使う時、ドアロックに「破損した回路」と表示されずリペアツールを近づけても何も起きなくて先に進めなくなったことがありました。

これはデータをロードしても直らず、おそらくオーロラ号から離れてオーロラ号のマップを再読み込みする必要があるのだと思います。

幸い1周目ではなく2周目で勝手が分かっていたので、一旦外に出て荷物でふさがれているほうの出入口に向かいました。

研究室側からプローンスーツ格納庫まで行って、また研究室側の出入口に戻って探索終了。ドアが開けられなくても何とかなりました。

オーロラ号以外でも『サブノーティカ』では数々のバグに遭遇します。

ポジティブにとらえれば、まめにセーブすることの大切さを学べるゲームです。

次の記事:脱出ポッド7と2、デガシ号の居住地、ストーカーの牙


『サブノーティカ』関連記事:

続編についてはこちら:

このブログを検索

プロフィール


Seina

イギリス滞在経験あり。元フォワーダー業界勤務。吹奏楽経験者。英検1級取得者。ドラクエでひらがなを覚え、FFと青春を過ごしたゲーマー。

QooQ