タリーズのコーヒースクール。アイスコーヒー編は実用度が高め


タリーズコーヒーのコーヒースクール・夏季限定の「おいしいアイスコーヒーの淹れ方」に参加してきた。

アイスコーヒーの淹れ方は先日スターバックスのコーヒーセミナーで何となく教わり、家でも何となくで淹れるようになっていたのだが、その「何となく」を確固たるものにレベルアップさせたいと思ってタリーズのスクールにも行ってみることにした。

【関連記事】スタバのアイスコーヒーセミナー感想。楽しむメインで作り方の説明は少なめ

タリーズでは分量や淹れ方を具体的に教えてくれるし、ハンドドリップの実践もあったので、結果として前より自信を持ってアイスコーヒーを淹れられるようになった。



コーヒースクールで使った豆


タリーズのアイスコーヒー編は「コーヒー豆の種類を変えて楽しむ」がテーマ。この日は以下の4種類の豆が登場した。

  • ラオスエレファントルビー
  • ブラジル ファゼンダバウ イエローブルボン(水出しバッグ)
  • アニバーサリーブレンド・ミディアム
  • アニバーサリーブレンド・フルボディ

「お店で出しているアイスコーヒーにはアイスコーヒーブレンドを使用しているので、ほかのコーヒー豆でアイスコーヒーを味わっていただこうと思いました」

と、店員さんがあえてアイスコーヒーブレンドを使わないチョイスをしてくれた。

ラオスの豆は初めてなので、エレファントルビーが入っていたのはうれしい。



アイスコーヒーの種類別の飲み比べ

まずは店員さんが3通りの方法で淹れてくれたアイスコーヒーを飲み比べた。

  1. 急冷したもの(エレファントルビー)
  2. 普通に淹れて冷ましてから冷蔵庫で冷やしたもの(エレファントルビー)
  3. 水出ししたもの(イエローブルボン)

1と2は同じラオスエレファントルビーで淹れたコーヒーだ。

急冷のほうが圧倒的に香りが強く、コーヒーの特徴であるベリーの風味をしっかり感じることができた。

一方、ホットで淹れて冷蔵庫で冷やしたものは香りゼロでだいぶあっさりした飲み口に。

これならペットボトルのコーヒーと大して差がないくらいである。

「コーヒーを急冷すると香りと味の変化を防ぐことができる」とは聞いていたが、同じコーヒー豆でも作り方によってここまで風味が変わるのかと驚いた。


3は水出し用パックのブラジルファゼンダバウイエローブルボンを使い、店員さんが前日から用意してくれたものだ。

ブラジルファゼンダバウのほどよい苦味とすっきりした甘みが表れていて飲みやすかった。




アイスコーヒー(ハンドドリップ)の淹れ方を教わって実践

アイスコーヒー抽出のポイント


ハンドドリップでアイスコーヒーを淹れるときのポイントを店員さんが説明してくれた。

  • できるだけ短時間で冷やす
  • 氷の量はできあがりの40%
  • コーヒー粉はホットの1.5倍
  • ドリップはゆっくりめに

今回教わるアイスコーヒーの淹れ方は、氷を入れたサーバーの中に濃いコーヒーを抽出する急冷式だ。

短時間でコーヒーを冷やすことで香りやうまみを閉じ込めることができ、おいしいアイスコーヒーが淹れられるのだそう。

氷とコーヒー粉の具体的な分量は、

  • 600mlのアイスコーヒーを作る場合は氷240gとコーヒー粉50g
  • 300mlのアイスコーヒーを作る場合は氷120gとコーヒー粉25g

になる。

氷を量るのが面倒でも、600mlのコーヒーを淹れるならサーバーの600mlのラインまで氷を入れれば、だいたい40%の量になるようだ。

これならわざわざ量らなくても簡単に氷を用意できる。


アニバーサリーブレンドを使って実際にハンドドリップ

タリーズアニバーサリーブレンド2019

2種類のアニバーサリーブレンドを使って、アイスコーヒーを作る体験をした。

アニバーサリーブレンドはタリーズコーヒーが創業祝いで毎年発売しているブレンドコーヒー。

今年は22周年記念で、ミディアムとフルボディの2種類。どちらもブラジル、ケニア、インドネシア、パプアニューギニアの4種の豆がブレンドされている。

それぞれの豆を見せてもらうと、ブルボディのほうが豆にツヤがあった。

コーヒー豆の写真

そして実践タイム。

抽出の手順はホットのハンドドリップを淹れるときと同じで、90℃のお湯を使う、コーヒーを蒸らす、土手を崩さないなどのポイントをおさえればいい。

ハンドドリップを一度も淹れたことがない場合は、事前に淹れ方を調べておくかハンドドリップの講座(タリーズコーヒースクールのコース1など)に参加しておくと理解が深まるかもしれない。

【関連記事】タリーズのコーヒースクール感想。ハンドドリップが上達しました

ドリップ時のコツとしては、ホットのときよりもゆっくりと、1円玉大にお湯を注ぐといいのだそう。

しかしタリーズのケトルは重い。重いので粉の中心からお湯を注げる確率3%がくらいだ。


飲み比べタイム。

自分の淹れたフルボディと、ほかの参加者の淹れたミディアムの2つのアイスコーヒーを味わう。

フルボディはがつんと苦味がして、口あたりもどっしり。対してミディアムは苦味が控えめで、お茶のように飲みやすい。

なお、私はまだコクという単語の使い方を習得できていない。


ケーキと一緒にコーヒーをいただく

タリーズの洋梨のシブースト

タリーズのスイーツが楽しめるのもコーヒースクールの醍醐味のひとつ。

この日は洋梨とバニラのシブーストをワンカットいただいた。キャラメルと洋梨の甘みとバニラ香るほわほわクリーム部分が口の中で広がっておいしい。

今回飲んだコーヒーの中ではアニバーサリーブレンドのミディアムが一番合うなと思った



お土産は好きなコーヒー豆1袋

タリーズのコーヒースクールはお土産にコーヒー豆を1袋(200g)もらうことができる。

シブーストと飲んだときに「何と飲んでも合いそうだな」と思ったことからアニバーサリーブレンドのミディアムを選び、ペーパードリップ用に挽いてもらった。

別のコースだとプラスアルファでお土産がついたりするが、アイスコーヒー編はコーヒー豆のみになる模様(店舗によって違うのかもしれないが)。

コーヒー豆1袋で1,000円前後するので、90分で2,000円のコースなのに気前がいいなあといつも感心してしまう。



感想:実用度が高くておすすめ

タリーズのコーヒースクール・アイスコーヒー編に参加して、

  • 淹れ方によって同じコーヒー豆でも香りや味わいが全然違うこと
  • ハンドドリップでアイスコーヒーを淹れるときの氷と豆の量
  • ドリップのときのポイント

を学ぶことができ、アイスコーヒーの淹れ方がレベルアップした。

個人的にはスターバックスのセミナーより説明が具体的で、内容も実用的だと感じた。

アイスコーヒーの淹れ方を知りたい、さくっと教わりたい。そんな人にタリーズのコーヒースクールはおすすめだ。

きっと自信を持って家でアイスコーヒーが作れるようになる。

関連記事

スターバックスのアイスコーヒー教室の感想
>>スタバのアイスコーヒーセミナー感想。楽しむメインで作り方の説明は少なめ

タリーズのコーヒースクール・コース1の感想
>>タリーズのコーヒースクール感想。ハンドドリップが上達しました