サイバーパンク2077 記事一覧
ウィッチャー 記事一覧
サブノーティカ 記事一覧
FF14 記事一覧

ケアンズは日本人だらけ。英語ができなくても初海外でも旅行しやすい

2019/09/18

海外旅行:オーストラリア 旅行の記事

t f B! P L

キュランダやグレードバリアリーフの雄大な自然を楽しみつつも、ケアンズ旅行最大の感想は、

「日本人がそこら中にいる」

だった。

自分もそこら中にいる日本人の一員なのだが、それは棚に上げるとしまして。

観光客のみならず、お店で働いている人の中にも日本人がたくさんいたのだ。

ケアンズに滞在したのは4日だけだが、ツアーや日本人の働いている店を駆使すれば英語をほとんど使わずに観光できるのではないかと思ったくらいだ。

なるべく英語を話さずに海外旅行をしたい人や、初めての海外で不安が多いという人にケアンズはおすすめの場所だと思った。



日本人がたくさん働いている

ケアンズには移住やワーキングホリデーで来ている人が多いようで、働いている日本人を本当によく見かけた。

ナイトマーケットでお土産を買ったときの店員さんは日本人だったし、エスプラネード通りぞいのレストラン「The Raw Prawn」でも日本人の店員さんが接客していた。

オーキッドプラザには日本人が経営しているレストランや旅行代理店もある。両替所では日本人のスタッフに対応してもらった。

ケアンズ水族館の受付のひとりは日本人で、もうひとりは日本語を流ちょうに話すアジア系のスタッフだった。最初はアジア系のスタッフに英語でオンライン予約したチケットについて質問していたのだが、気づいたら相手が日本語で話していて面食らった。

ケアンズから日帰り観光で行けるキュランダも例外ではなく、日本人が経営している和菓子屋があったり、日本人御用達状態のキュランダコーヒーのお店があったりと至れり尽くせりだ。キュランダ鉄道にも日本人スタッフがいて、いちいち驚いていたらキリがないとようやく悟るようになった。

もちろん日本語がまったく通じないお店もあるが、日本人観光客が多いところには日本人の従業員もいるという印象だった。

ホテルも調べれば日本語の話せるスタッフのいるところが見つかるだろう。



日本語の現地ツアーが豊富

ケアンズには日本語ツアーを扱っている代理店が多く、キュランダでもグレートバリアリーフでも簡単に日本語で日本語のツアーを申し込むことができる。

日本人ガイドが同行するツアーであれば、送迎から案内まですべて日本語で対応してもらえる。

たいていの旅行先では、日本語ガイドのツアーは英語ガイドのツアーより高いのだが、ケアンズの場合は日本語ツアーでも英語ツアーでも料金があまり変わらない。英語圏の国なのに、だ。

手軽に日本語の現地ツアーに参加できるのはありがたいことである。

ちなみに私がケアンズで利用した現地ツアーはジェイさんツアーのキュランダ観光と、世界遺産グレートバリアリーフ セスナ遊覧飛行の2つ。

【関連記事】ケアンズでセスナ機ツアー。グレートバリアリーフ遊覧飛行の感想



もちろん英語を使う機会はある

ケアンズで日本人をよく見かけるのは確かだが、タクシーやスーパーなどでは英語しか通じないことがほとんどだと思う。

日本人の働いていない店もたくさんあるので、旅行会話ができるに越したことはない。

また、日本人以外の旅行者に話しかけられることもあり、英会話の機会は予期せぬところからやってくる。

私の体験を例に挙げると、レストランでカンガルーの肉を頼んだら「カンガルーの肉はヘルシーだよ」と隣の席の人に話しかけられ、

キュランダのスカイレールで小グモを追い払っていたら「それはフレンドリーなクモだから大丈夫だよ。大きいのは危ないけど」と同じゴンドラに乗っていた人に話しかけられ、

キュランダ鉄道を降りたときには「どっちに行くか分かる?」と話しかけられた。

私比較では知らない人から話しかけられる頻度がイギリスにいたときより明らかに多かった。


ケアンズは日本語が通じるところも多いが、外国であることに変わりはないので、英語しか通じない場面もたくさんある。

しかし、たいていの場所にはほかの日本人観光客か働いている日本人がいるので、もし困ったことがあっても日本語で助けを求めやすい環境だと思う。


ケアンズは日本人が観光しやすい場所

ケアンズには日本人が働いている店や施設が多く、日本語で対応してもらえることも多々ある。

そのため、英語をあまり使わずに旅行したい人や初めての海外旅行で不安がある人は、かなり安心して行くことができる場所だ。

逆に、英語を話す気満々でケアンズに行くと少し物足りなさを感じるかもしれないが、日本人の少ないホテルやレストランに行けば日本語は使えなくなるし、現地の人にいきなり話しかけられることもあるので、あまり悲観的にならなくてもいいと思う。

いずれにせよ、こんなに日本語が通じる海外旅行先はそうそうあるものではなく、ケアンズは日本人にとって貴重な観光地だ。

たくさんの人がケアンズを訪れて、ケアンズがこれからも日本人の観光しやすい場所であってほしいなと勝手ながら思った。


このブログを検索

最新記事

プロフィール


Seina

イギリス滞在経験あり。元フォワーダー業界勤務。吹奏楽経験者。英検1級取得者。ドラクエでひらがなを覚え、FFと青春を過ごしたゲーマー。

QooQ