バーミンガム空港から市街地へのアクセス―電車・タクシーでの行き方

Birmingham Airportと書かれた入口の写真

バーミンガム空港からバーミンガム中心部までの行き方を紹介します。

主な交通手段は電車かタクシーになります。空港からは路線バスも出ていますが、ここでは省略しています。

※この記事は2018年6月時点での情報です



電車でニューストリート駅に行く

空港の最寄り駅・Birmingham International駅からBirmingham New Street駅まで10~20分で行くことができます。

以下、New Street駅に向かう前提で説明しますが、空港駅からCoventryやWolverhamptonなどにも行くことができます。


Birmingham International駅までの行き方

到着口を出たら左に進み、エスカレーターで上の階に行きます。

バーガーキングの向かいからAir-Rail Linkという無料モノレールが出ているので、それに乗って駅のあるエリアに向かいます。

エアレールリンク乗り場の写真

モノレールを降りてまっすぐ歩くと駅の券売機と改札口が右手に見えてきます。


チケットの買い方

券売機か窓口で電車のチケットを買います。

窓口では目的地の駅名、片道か往復か(片道ならSingle)、人数を伝えればOKです。

券売機での操作は以下の通り。

鉄道の券売機の写真

1.TOP画面で左上の「Buy」をタッチ
2.目的地「Birmingham New St」をタッチ
3.片道チケット「Anytime Day Single」をタッチ
4.確認画面で問題なければ右下の「Comfirm」をタッチして支払い。デフォルトで1人分になっているので、人数を追加する場合は「People」で修正。

券売機の確認画面の参考写真
確認画面の参考写真。New Street→Airportの往復券を買った時のもの。

上記3での補足。

「Anytime Day Single」には3.1ポンドと3.8ポンドの2種類があります。

何が違うかというと、使える鉄道会社の種類です。

New Street駅まではVirgin Train、West Midlands Trains、CrossCountryが通っています。3.1ポンドの切符はVirgin Trainだけしか乗れませんが(切符にVirgin Train onlyと書かれる)、3.8ポンドの切符はどの電車でも乗ることができます。

電光掲示板を見てVirgin Trainにすぐ乗れそうだったら安い方で、よく分からない、とりあえず来たのに乗りたい場合は3.8ポンドの切符を買えばいいと思います。

Virgin Trainだと安いしNew Streetまでノンストップといいことずくめですが、本数が1時間に2本くらいと少ないのがデメリットです。


改札を通る

自動改札機にチケットを入れると扉が開きます。

たまに扉が全開で、そういう時は何もせず通ってOKですが、到着駅の改札や乗車中の検札に備えてチケットはなくさないように持っていてください。

改札内に入ったら電車が何番ホームに来るかチェックして下に降ります。



タクシーで市街地に行く

空港からBlack Cab(ブラックキャブ)というタクシーに乗ることができます。

New Street駅周辺まで渋滞なしで約30分です。

タクシー乗り場は到着口の階から外に出て道を渡ったところにあります。

到着口を出たら右に進んですぐの出口から外に出ると近いです。

空港の外の写真
右が空港出口。この道を渡ります。

日本の感覚でいると忘れがちですが、タクシーのドアは自分で開け閉めします。

乗ったら運転手に行き先を伝え、目的地に着いたら支払いをします。

空港のサイトによるとカード使用可能だそうです。

料金はメーター制なので目的地次第ですが、目安としてはNew Street駅周辺までがだいたい30ポンド前後。

友人いわく、行き先がエッジバストンやハーボーンとかであればNew Street駅までは電車で行って、そこからタクシーを拾うほうが節約できるそうです。



バーミンガム空港はコンパクトなので、電車でもタクシーでも乗り場にはそんなに迷わずに行けると思います。

慣れないと不安かもしれませんが、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

MEMO
その他のバーミンガムに関する情報は「バーミンガム関係の記事一覧(空港・バス・カフェ・日帰り観光など)」で探すことができます。